天然パーマで髪が細い人の育毛対策

天然パーマで髪が細い人の育毛対策

天然パーマとはいわゆるクセ毛の事を指していて、縮毛やちぢれ毛などと呼ばれることもあります。パーマはファッションやヘアスタイルの一つとして広く使われる手法で、髪をウェーブさせた状態にするためにパーマ液を用いて科学的に反応させて形状を定着させます。

 

一方でこうした施術を受ける事なく生まれ持って髪にウェーブがある場合は遺伝により髪の縮れが引き起こされます。これは遺伝により髪のタンパク質にS-S結合(ジスルフィド結合)と呼ばれるずれが生じるためで、このズレが髪全体に及ぶことでウェーブが生じるのです。

 

また先天的なものだけでなく様々な要因で後天的にウェーブが生じることもあり、ちぢれ毛については本人が気になる場合に美容院で縮毛矯正の施術を受けることもあります。

 

また他方で自身にアイデンティティーだと矯正を掛ける事なく質感をいかしたヘアスタイルにすることもあるのですが、一つ気がかりなこととしてこの天然パーマに加えて髪が細い人は抜け毛や薄毛が生じやすい場合があるのです。

 

■なぜ抜け毛が生じやすいのか

 

これは生まれ持ってのウェーブの場合は特に問題ないのですが、後天的にウェーブが生じた場合に注意が必要で、男性ホルモンの影響でうねりが生じている可能性があります。男性ホルモンは髪の発育にも大きな影響を与える物質で、通常通り分泌されていれば問題はありません。

 

しかし分泌量が低下するようになると髪は細く弱弱しくなるのに加えて、発育が阻害されてうねりが生じることもあるのです。一般的に男性ホルモンは抜け毛の間接的な要因になると考えられていますが、逆に分泌量が少ない場合はそれはそれで大きな問題なのです。

 

■天然パーマに加え髪が細い人の育毛対策

 

髪が細い上に後天的に髪にうねりがある場合はすぐにでも育毛対策を行わなければなりません。髪の細さやうねりは問題を抱えていることのサインである可能性が高く、育毛対策としてポイントになるのは男性ホルモンの分泌量を増やすことです。

 

男性ホルモンは体内で分泌するものですが、身体の外で対策を講じることでも分泌量を増やすことが可能です。まずは筋トレをして有酸素運動を行い、食事では亜鉛や大豆製品を多めに摂取します。

 

また意外な所では女性と対面したり会話をすると男性ホルモンが多く分泌し、加えて性的に興奮した場合も同様の効果があります。男性としての本来の欲求が表に出そうになると男性ホルモンが増えますので、いずれもホルモン値が低い場合の育毛対策として有効です。

アデランス料金