脂性頭皮の人が普段気を付けるべきこと

脂性頭皮の人が普段気を付けるべきこと

肌には大きく分けて二つのタイプがあり、肌が乾きやすい乾燥肌と皮脂が多く分泌されている脂性肌があります。後者の脂性肌の場合はスマートフォンで会話をすると画面にべっとり油のあとが付きますので自覚している方も多いです。

 

夏場には汗をたくさんかきますのでべとべとした感触が嫌なのですが、冬場でも皮脂が止まることはありません。特に顔に付いた皮脂は大きく目立ちますので脂取り紙などで取り除くのですが、その一方で脂性頭皮の場合には特に手を付ける事なくそのまま放置することがほとんどです。

 

顔であればすぐに脂を拭いことができますが、頭皮の場合はそう簡単にいきませんので帰宅してお風呂に入るまでは脂を取ることができません。

 

■脂性頭皮とは

 

脂性頭皮とは顔などに脂がつきやすい脂性肌の人に多く見られる状態で、通常よりも分泌される皮脂が多く、頭皮がベタつき髪にもベタつきが生じることもあります。特に髪は人目に触れやすく、濡れていないのにしっとりして重く見えて空中の塵やほこりも付着しやすくなり、早ければシャンプーから数時間後にはこうした状態に陥ることもあります。

 

過度な皮脂の分泌が生じるのは多汗など体質が関係していることもあるのですが、それ以外にも様々な原因で過度な分泌が生じます。まず皮脂が多い方の場合は自覚がありますので頭皮を洗いすぎることがあり、一方で身体は肌を乾燥から守る必要があるため皮脂をより多く分泌させ、こうした負のスパイラルに落ち込む事になるのです。

 

また皮脂が異常に生じる原因として食生活も大きく関係しています。食事で油分を多く摂取した場合にそれに比例するように皮脂の量も増えますので、食生活を変えることも重要です。

 

■脂性頭皮の人が気を付けるべきこと

 

頭皮に分泌される皮脂量が過度な場合は、見た目やベタつき感で問題があるだけでなく、近い将来に抜け毛が増えて髪が薄くなる可能性があります。これは皮脂腺の活動が活発になり拡張すると、それに合わせて毛穴も拡張するためで、髪を支える土台が揺らいで少しの刺激で髪が抜け落ちる事になるのです。

 

そのため皮脂が多いと自覚がある人は普段から気を付けるべきことがあり、まずはシャンプーをし過ぎないこととシャンプーの回数も減らし、洗い方も指の腹で優しく丁寧に洗うように変えると良いでしょう。

 

また食生活についても普段から気を付けるべきこととして揚げ物や炒め物などの脂っこい料理を控えて、野菜を多めに摂取してアルコールもできるだけ控えた方が良いでしょう。

アデランス料金